ホーム
1
スポット ライト
2
安全性の承認
3
韓國能效制度MEPS/E-standby/HECP 4
Astek catch your demand on Power Supply Astek catch Your Demand on Power Supplies '

関連リンク:https://www.astekglobe.com/product_cg177954.html

4e6f1c5af646086ed32b6db7fc458d0d.jpg  e619d44f497459e3b636a924b3bc2f21.jpg      3a84c0545161d50b246c24ccd5a8a035.png

KMEPSマーク                        Eスタンバイを渡す   Eスタンバイの失敗

 

韓国エネルギー効率システムMEPS / E-standby / HECP

環境に配慮した環境にやさしいエネルギー供給の普及と拡大、エネルギーの節約、炭素の削減、温室効果ガス排出量の削減、および消費者が最初にエネルギー効率の良い電源を購入できるようにするために、韓国は1990年代からエネルギー効率認証システムを導入しています。その管理機関はKEMCO(Korea Energy Management Corporation)であり、試験機関には主にKTLとKTCが含まれます。電源はKMEPS規制に準拠する必要があります。アダプターと標準によれば、3つの主要なカテゴリーがあります。
1.エネルギー効率評価システムMEPS
電源は、エネルギー効率とエネルギー使用量に応じて、1〜5レベルに分けられます。エネルギー効率の下限は、最小エネルギー性能基準(MEPS:最小エネルギー性能基準)に適用される義務システムです。
韓国政府は、1992年に必須のエネルギー効率登録およびマーキングシステムを導入しました。最小消費効率基準(MEPS)1-5ラベルを使用してアダプターを識別します。省エネ型電源の普及拡大を図るため、国内メーカー(国内)と国内輸入者(輸入)について、次の3つの義務をエネルギー消費率評価制度に定めています。①エネルギー消費率評価ラベル貼付義務。 ②アダプターを宣言する義務。 ③必要最低消費率基準等を満たしていること。
2.低消費電力システムのEスタンバイ
韓国政府はまた、1999年以降徐々に義務付けられているE-Standby認証システムを導入しています。
標準要件を満たしていない電源には、待機省エネ警告サイン(黄色)を貼付してください。逆に満足すれば省エネサイン(スマイルサイン)を付けます。
3. HECP、高効率エネルギー設備システム
韓国政府は1996年に自主的な高効率アプライアンス認証プログラムを導入しました。これは、エネルギー効率と品質テストの検査結果を評価し、特定の基準を満たすことを要求する認証システムです。

韓国のエネルギー効率システムMEPS / E-standby / HECPの需要がある場合は、info @ astekglobe.comまでご連絡ください。

 

前のページ リストへ 次のページ